/> レーシックはレーザーで角膜を蒸散させる手術|レーシック一番ガイド

視力を矯正する方法

視力を矯正する方法にレーシック手術があります。 人が物を見るときには目に入ってきた光を角膜と水晶体で屈折させ、網膜の上に焦点を結ぶようにします。網膜に映し出された像は視神経を通じて脳に伝わります。近視の人は物を見たときに網膜の手前に像が結ばれるために、遠くのものをはっきりと見ることができません。

レーシックは黒目の表面にある角膜をレーザーで削って光の屈折率を変え、網膜の上にきちんと像を結ぶようにする方法です。レーシックは近視だけではなく老眼にも適応できます。 レーシック手術をする時は黒目の表面の角膜を少し切ってフタを作ります。次にフタをはがしてレーザーをあて角膜を極僅か蒸散させます。そして作っておいたフタをして終了です。フタがあるために目の乾燥を防ぎ、治りが早くなります。 レーシック手術は点眼麻酔をして行うため痛みも無く、15分程度で終わる簡単なものです。

入院の必要もなく手術当日帰宅することができます。手術後は触って目を傷めないように目を保護するメガネをかけて過ごします。1週間ほどは目が乾燥しやすくなったり光がまぶしく感じますが、3週間ほどで症状が落ち着き裸眼ではっきりと物が見えるようになります。