/> 有名人も受けているレーシック|レーシック一番ガイド

一般人でも有名人でも等しく悪くなる

視力というのは一般人でも有名人でも等しく悪くなる訳ですが、視力の悪さを改善する為に多くの有名人が受けているのがレーシックです。 レーシックというのは簡単に言えば視力を回復させる為の手術です。 レーシックを受ける事によってメガネやコンタクトレンズが不要になりますので、とても快適な生活を送れるようになるのです。 では、そのレーシックとはどういった内容の手術になるのかと言いますと、それは角膜を削る手術になります。 視力が悪くなる原因の一つとして眼筋の衰えが挙げられます。

眼筋が衰える事によって眼の中にある水晶体の厚み調整機能が働かないようになりますが、それによって屈折異常が生じて対象物にピントが合わなくなってしまいます。 つまり、それが視力が低下している状態です。 レーシックではそのピントを合わせる為に角膜を削る訳ですが、角膜を削る事によって屈折率が正常になり、それによって対象物にもピントが合うようになるのです。 そのレーシックにはメリットだけでなくデメリットもあります。 例えば後遺症としてドライアイになる事があります。

大抵の場合、手術後数日もすれば落ち着きますが、しばらくの間目薬が必要になる事もあります。 他にもハログレアといって夜間に光が眩しく感じるようになる事もあります。 実際に手術を受ける際にはそういったデメリットもしっかりと把握しておく必要があります。