/> レーシックに入院は必要か|レーシック一番ガイド

レーシックとは、角膜の屈曲率を変える事

レーシックとは、角膜の屈曲率を変える事で視力を矯正していくという、角膜屈曲矯正手術の一つです。 レーシック手術を受けた後は、メガネやコンタクトが必要なくなり、裸眼で生活ができるようになる事で人気です。 手術の際に角膜の表面を削る必要がある為、角膜が薄い人は手術が受けれない事があります。 そんなレーシック手術は、話だけを聞くと角膜を削ったり大掛かりなような気がしますが、手術の際に入院などは必要ありません。

手術自体は10分から30分程度で終了し、その後しばらく休憩したら帰宅する事ができます。 レーシック手術を受ける為にはカウンセリングや検査が必要になり、その為に病院やクリニックに通う必要はありますが、どれも入院をしてという大掛かりな事はありません。 ですから、レーシック施術とは想像以上にとても手軽に行えるのです。 ですが、レーシックはまだトラブルなども多いとされています。 手術がいくら手軽であったとしても、気をつけておきたいのは病院選びです。 日本眼科学会に認められた専門医がいるか、実際にカウンセリングを受けてみて任せて大丈夫と思えるかなど、しっかりと考えた上でどこで手術をしてもらうのかを決めるのがお勧めです。