/> レーシックはピントを合わせる為の手術|レーシック一番ガイド

視力が悪い時

視力が悪い時によく用いられているのがメガネやコンタクトレンズですが、そういった器具を利用するのはとても煩わしいものです。 特にコンタクトレンズは何かと手間が掛かりますし、ゴミが入って目が痛くなってしまった時にはコンタクトレンズに嫌気が差してしまうという方も少なくありません。 そんな悩みを解消したいという時にはレーシックが打って付けと言えます。 レーシックは今人気の手術ですが、レーシックを受ける事によって視力を回復させる事ができます。 メガネなどが不要になり、裸眼で生活できるようになりますので毎日がとても快適になります。 レーシックを受ける事によってなぜ視力が回復するのかと言いますと、それは角膜を削って屈折率が正常になるからです。

視力が低下してしまう原因としてピント調整機能の低下によって屈折異常を起こすという事が挙げられますが、それによって対象物にピントが合わなくなります。 レーシック手術の際には角膜を削る事になりますが、それによって屈折率が正常になりますので、対象物にもピントが合うようになるのです。 手術は短時間で終わりますので、気軽に受けられる手術として人気があります。 しかしながら、いくつかのデメリットもありますのできちんと説明を受けてから手術を受ける事が大切です。