/> レーシック後のコンタクトレンズ|レーシック一番ガイド

角膜にエキシマレーザーというレーザーを照射

レーシックとは、角膜にエキシマレーザーというレーザーを照射して、角膜の屈曲率を変える事で、視力矯正をしていく角膜屈曲矯正手術の一つです。 レーシックの手術後は、メガネやコンタクトが必要なくなり、裸眼で生活ができると人気です。 近視を始め、遠視や乱視も矯正する事が可能です。 ただ、極度の遠視や、乱視の状態によってはレーシック手術を受ける事ができません。 ですが、矯正できる可能性もあるので、まずは日本眼科学会が認定する眼科専門医がいる病院に相談をしてみるのがお勧めです。

レーシック手術後はメガネやコンタクトで視力矯正の必要がなくなりますが、カラコンなどファッションでコンタクトを着けたい、もしくは手術後に視力が低下しコンタクトを着けたいと思う事もあるでしょう。 その際、注意しなければいけないのが、レーシック手術から一ヶ月は着けない事、更にそれ以降であっても角膜を削った事でレンズが目に合わないという可能性がある事です。 コンタクトレンズをする際に気にしなければいけないのがベースカーブです。 レーシック手術ではこれが変わってしまう為、手術前のベースカーブで選ぶと度なしのカラコンを選んだのに、視界がぼやけるという事にも繋がります。 レーシック手術後に何らかの理由でコンタクトレンズを着けたいと思った際は、まずは手術を受けた病院に相談をしてみるのがお勧めです。